ごくせん大好き!ヤンクミ大好き!という方々のエピソードサイト

menu

ごくせん大好き!

やはり宇津井健さん

「ごくせん」には色々なキャラクターが登場しましたが、

一番印象的なキャラクターがヤンクミを除いては大江戸一家の黒田龍一郎です。

宇津井健さんの貫録のあるとても落ち着いた雰囲気がこのドラマを引き締めていたと思います。

特に毎回のようにヤンクミに諭す場面はとても説得力があって、とても好きでした。

高圧的でもなく、威圧的でもない。

非常に愛情を感じられる諭し方でこのような演技をする方はあまりいないのではないでしょうか。

残念ながら現在はこのような頑固おやじのような方はかなり減ってしまっているので、ある意味新鮮でした。

「ああ、このような方が近くにいればいいなあ」なんて当時はよく思ったものです。

それに和風な建物に住んでいて、和服を着ているというのもまた日本人らしくてよかったです。

時代遅れかもしれませんが、きっと若い方にとっては新鮮に映っただろうし「こういう和風な感じもいいなあ」と思ったと思います。

それもこれも宇津井健さんの演技力や俳優のすごさなのでしょう。

宇津井さんではなかったら、きっともっとコメディーチックな方向に行っていたような気がします。

もちろん宇津井さん自身もユーモアはお嫌いではないとは思いますが。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

カレンダー

2017年3月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ライブチャットはコチラ